絶好の登山日和になった5月18日の日曜日は「日野山」」795mへ登ってきた。登山口より山頂までは約2時間30分(休憩を含む)下山は1時間50分でしたが初心者には結構きつい行程であります。しかし苦労をして登った山頂には胸のすくような360度見渡せる大パノラマが待っててくれます。西の方角は日本海と東には白山連峰が眺望できます。これはまさに登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異様な「美味しんぼ」攻撃   松井英介

今回私は全く偶然に「美味しんぼ」の作者たちと出会ったのですが、それから一年以上おつきあいしてみて、ある感銘を覚えています。それは雁屋哲さんと編集部の方たちが、じつに丹念な取材を重ね作品を仕上げられる その姿勢に対してです。私への取材も昨年秋から今年にかけて、随分長い時間がかかりました。私も忙しい毎日でしたが、私を惹きつけて離さない力が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏同様に人物破壊工作に晒される新潟県知事

東京電力は柏崎刈羽根原子力発電所の再稼働を申請したが、新潟県知事の泉田裕彦知事がこれに反発、両者の溝は深まっている。衆・参のねじれが解消し、安倍政権による独裁政治が開始されたので原発推進派は勢いづいており知事の抵抗もねじ伏せられる事になりそうだ。泉田知事は県民の安全を第一に考えねばならないので泉田氏の懸念は尤もな話であります。東電や政府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山由紀夫元首相の引退

鳩山氏の引退表明は遅きに失した感は否めないが、何故ここまで最悪の民主党にこだわったのか?ふしぎでならない。政権交代の立役者は鳩山し一人ではない筈だ。小沢氏が居なければ先ず政権交代は出来なかったと見るべきだろう。それを自分一人で責任を取るような言いぐさは小沢氏に失礼だし彼は鳩山氏より先見の明があったと云う事だろう。民主党といい、国民新党と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国シンクタンクが日本の原子力政策に「推進提言」

野田佳彦が国民の命を無視して原発再稼働を推し進めた裏にはやはり「ジャパン・ハンドラーズ」の圧力が明確になってきた。ハンドラーズとは米国のジョセフ・ナイとリチャード・アーミテージである。8月15日(米時間)に公表されたレポート「米日同盟」(戦略国際問題研究所)に原発を再起動し、原子力開発推進に「復帰」するよう日本に対し提言したのが彼らであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民無視の悪徳3兄弟談合政治に断罪を

税制・社会保障・公共土木事業・成長戦略の四点セットを今後一年間かけて民自公の三党談合で決めていく事になったらしい。これは即ち三党悪徳大連立政権に他なりません。このまま野田官僚主導政権が続き三党談合の体制翼賛政権が誕生することにでもなれば、我々国民の生活が益々脅かされることは間違いない。野田政権になって悪法が国民の目を盗むように復活し成立…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小沢一郎攻撃の隠された真実

2009年3月から、小沢一郎に「西松献金疑惑」を仕掛け、さらに2010年初めから「小沢政治資金収支報告書」攻撃を仕掛けた。検察特捜部(特捜部長・佐久間達哉)、検察庁(検事総長・樋渡利明)、最高検検事(大鶴基成)、法務省・警察庁の漆間巌(元官房副長官)らが謀略攻撃を仕掛けた。彼らアメリカの手先に対し凶暴なマイケル・グリーンが暗躍して、直接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司法・検察の不祥事を田代不起訴で有耶無耶にさせるな。

大阪地検で起きた村木事件ではFDの改竄という不祥事を起こした特捜部。前田検事は起訴され、更に上司だった大坪氏らも早々と起訴されている。しかし東京地検で起きた小沢公判に於ける東京特捜部の田代検事の不祥事(公文書捏造)についてはだらだらと内部調査を続けた挙句不起訴ですませ、田代検事個人の懲戒処分で誤魔化そうとする。元検事の市川弁護士は、検察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月18日最高裁・検審事務局は「審査員会議も開いていない」と暴露され大ショック。

拙ブログに「4月14日 最高裁・検審事務局は審査員を招集していない?審査員会議も開いていない?」と書いた。http://civilopinions.main.jp/2012/04/414.html ずばりのことを指摘され、最高裁・検審事務局は大ショックのようだ。国会議員さん方も、この件でさらに別の状況証拠を掴んだようだ。連日、最高裁事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発4号機は危機的な状況、野田政権は国際的な責務を果たせ

「福島原発4号機の深刻な状況はもはや世界の重大な関心事になってきた」--村田光平・元駐スイス大使は 枝野経産相、細野環境・原発担当相・米倉経団連会長に対して、使用済み燃料プールが破損した場合に甚大な被害が予想される4号機への速やかな対応を求めた。福一原発の4号機には、1535本もの使用済み燃料が 保管されている。このプールの構造は今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民新党の悪党、下地幹郎・自見コンビは党を乗っ取る。

国民新党の亀井静香代表、亀井亜紀子政調会長が離党した。そして記者会見も行われた。このことは現政権が完全に米官業利権複合体政権になった事を意味する。以下は植草一秀氏のブログより抜粋。 2010年6月2日に始動したクーデターは2012年4月6日を持って完結したことになる。米官業利権複合体政権という意味は、米国、官僚、大資本の利益最大化を目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに国家権力の中枢・財務省がなりふり構わず、牙を剥き出しに

2月17日、小沢一郎民主党元代表の公判で東京地裁が検察の捜査報告書を不採用にした直後、財務省中枢の不穏な動きを「週刊ポスト誌」の関係者がキャッチしたようだ。その情報によると「財務省上層部が東京国税局の資料調査課に、密かに小沢一郎・調査班を発足させるよう指示したと言うものだ。資料調査課は「料調」と呼ばれ、マルサ(査察部)と並んで税務調査に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俄然お尻に火が付いてきた特捜部、幹部の逮捕あるのか?

笠間治男検事総長が最近周囲に「腹を決めた、辞めるまでに決して無駄死にはしない」と話しているようだ。3月の退任までに今回の不祥事の後始末、つまり暴走検事達の摘発を視野に入れているものと思われる。もともと笠間氏は10年12月の検事総長就任前から小沢氏の捜査には反対していたのだ。彼は「無駄死にしない」とまで言っているのだから、それ相当な事が起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢強制起訴は最高裁の謀略なのか?

検察審査委員の「選定ソフト」は(候補者名簿管理システム)イカサマ自在であるが、こんな物に6000万円もかけていた事務総局に対し憤りを感じるのは私だけだろうか?。幽霊審査会と呼ばれる所以はここにある。そのようなデタラメな審査会の強制起訴によって起訴された小沢氏の公判で2月17日に石川氏の供述調書が全て不採用になった。もともと証拠もないのに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小沢強制起訴”黒幕”は最高裁事務総局

日本の司法を牛耳るエリート集団。 小沢強制起訴主導したのは、検察ではなく最高裁だったーー?本当ならば仰天する話だが、ブログを中心に検察審査会のデタラメを追及してきた匿名ジャーナリストの「一市民T」氏がこう告発する。 「最高裁の中に事務総局という組織が有ります。ほとんど表に出てくることが無く、秘密のベールに包まれた組織ですが、実はここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に始まっているんですね・・・真実は想像よりも、ずっと怖いんです(南相馬の女性のブログ)より

昨日は、さんざんでした。立っていても、座っていても「めまい」がします。今日も同じですが・・・夕べ、お風呂で、シャンプーした後、手ぐしで髪をほぐしたら、髪が・・・「束になって」抜けました。しばらく呆然と立ち尽くしてしまいました。長かった髪は2週間ほど前にばっさり切りました。少しでも抜け毛を減らしたくて・・・外出する時はウイッグ(かつら)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党のマニフエスト詐欺が止まらない。

ヤンバダムの建設中止は民主党マニフエストの一丁目一番地だった筈だ、これを再開すると云う事はマニフエストが決壊したと言う事を意味する。子供手当て、高速道路の無料化とことごとく頓挫、公務員改革・議員定数削減など官僚や政治家など身を切る公約はすんなりと先送り、公約でやらないと言っていた消費税増税は積極的に進めている。もう民主党は政党の体を成し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国民よ目を覚ませ、バカ官僚に丸投げの民主党政権を潰せ

問題山積の日本の政治を国民(特に若い世代)はもっと関心をもって行動してもらいたい。日本の経済もさることながら、放射能問題は国全体に深刻な状況になりつつあるのだ。厚労省が「福島県民を白血病の統計から除外する」 と決定、また農水省は来年の米の生産を東北は増産、西日本は減産するというものだ。わざわざ汚染地域で作る米を増やして一体官僚は国民に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無意味な小沢氏の判決の期日

東京新聞の伝えるところによると、小沢氏の判決が来年4月の見通しになった模様だ。何故やみくもに公判を続けるのか、誠に不条理そのものだ。陸山会公判で東京地裁が石川氏と小沢氏の共謀があったとする検察調書ことごとく不採用にした事は周知の事実であり、大体の国民は知っているはずで、その時点で起訴無効とするのが当然である。起訴根拠を失った(地裁によっ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

支援格差に怒りの声

福島原発・圏外避難者から支援格差に怒りの声が上がっている。「同じ避難者なのにどうして差別をつけるのか」。福島第一原発事故の警戒区域や計画的避難区域の圏外から避難した人たちが怒りの声をあげている。圏内区域からの避難者に比べ、行政の支援が乏しいため、生活に窮しているのだ。子供を持つ母親らが、支援を求め立ち上がった。「自宅の子供部屋でも、高い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more